バッテリーについて

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンを使っています。こちらは長時間使用することによって劣化が始まる消耗品であるため、使用すればするほどバッテリーの充電が減りやすくなる傾向にあります。しかし、使い方に十分気をつけることによってiPhoneのバッテリー寿命を延ばすことが出来るのです。

まず、バッテリーを極力減らしすぎないようにしましょう。充電がほぼゼロの状態になった状態というのは、バッテリーが完全に放電し切った状態になるため負荷がかかります。これはバッテリー寿命を縮めてしまう一因ともいわれています。iPhoneのバッテリーは、使用していないときには少しずつ充電するようにしておきましょう。

また、使用環境にも気をつけてください。リチウムイオンバッテリーは極端な高温に弱いという特徴があるため、なるべくそのような状況に置かないようにしましょう。動作時環境温度としては摂氏0度〜35度と指定しているため、例えば真夏の車内などに放置しておくとダメージが残り、バッテリーだけでなくiPhone本体にも影響を及ぼす可能性があります。このような場所に置いているとiPhoneから警告画面が表示され、電波を受信しなくなるなどの弊害もあるため注意が必要です。

Copyright ©iPhoneが持つあまり知られていない機能について!, All rights reserved.