画面の反転方法

夜寝る前のルーティンワークとして、iPhoneでネットサーフィンや動画などを楽しむという人もいるでしょう。しかし、暗い部屋でのiPhoneの明かりというのは強烈なものです。ずっと見ていることによって目に負担がかかりますし、睡眠への導入を妨げる恐れもあります。また、寝ている時、ふとしたタイミングでその光を浴びてしまうと刺激で目が覚めてしまうということも考えられます。そのため、何かしらの解決方法が必要になります。

iPhoneは設定で画面の色合いを変えることができます。一般からアクセシビリティに飛び、ディスプレイ調整の「色を反転」をタップし、反転をオンにすると白い背景が黒に変わり、他の色の明度と彩度が抑えられます。このような設定にしておけば、目への刺激・負担は抑えられるでしょう。

また、この設定を固定化させるためには、アクセシビリティのショートカットを利用するのがおすすめです。ショートカットの中に反転の項目があるので、そこにチェックを入れてください。こうすることによって、毎晩設定を切り替えることなく一発で色味を反転させることが出来ます。注意点をあげると、スクリーンショットをするときには全ての色が反転してしまうということがあります。

Copyright ©iPhoneが持つあまり知られていない機能について!, All rights reserved.